匿名@野球予想ブログ

Twitter→https://twitter.com/Anonym_Back

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 智弁和歌山-国学院栃木

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

智弁和歌山

チーム打率 .383、本塁打9本(山口、渡部3本、岡西、青山、塩路1本)

国学院栃木

・地方大会 チーム打率 .331、本塁打3本(小木曽2本、平井1本)

・甲子園大会 チーム打率 .371

投手成績

智弁和歌山
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 塩路 19 0.47 14 9
11 武元 9 0.00 8 1
18 清水 2.2 6.75 3 1
16 西野 1.1 0.00 0 1
17 橘本 1 9.00 1 0
国学院栃木

・地方大会

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 盛永 24.2 3.28 21 6
10 吉野 7 2.57 4 2
11 中沢 8 0.00 7 3
18 中川 1 0.00 0 0
5 平井 1.1 0.00 1 0

・甲子園大会

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 盛永 9 3.00 7 2

エラー数は智弁和歌山が7であり、国学院栃木が3です。打撃成績では、打率、本塁打数のいずれも智弁和歌山が上回っていますが、国学院栃木は1回戦で.371打っています。投手成績では奪三振や与四死球では国学院栃木が上回っており、防御率智弁和歌山が上回っています。智弁和歌山は複数の投手がイニングを投げており、国学院栃木は盛永が多くのイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると智弁和歌山が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 智弁和歌山の初戦勝率は.560であり、国学院栃木の甲子園大会での勝率は.500(2-1)あります。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会の成績は智弁和歌山が上回っており、勝率の部分では智弁和歌山が上回っていますが、サンプルが少ないため参考になりません。よって、自分は智弁和歌山が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 九州学院-帝京五

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

九州学院

チーム打率 .267、本塁打0本(瀬井1本)

帝京五

チーム打率 .327、本塁打0

投手成績

九州学院
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 直江 34 1.32 40 16
11 桑原 3 0.00 2 1
10 蔵原 3 9.00 3 3
帝京五
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 国方 26.2 1.01 8 9
1 積田 24.1 1.85 10 14
13 坂本 1 0.00 2 0

九州学院の2回戦での打撃成績は除外しています。エラー数は九州学院が1で帝京五が2です。打撃成績では、打率は帝京五が上回っており、本塁打数は九州学院が上回っており、合算すると帝京五が上回っています。投手成績では奪三振や与四死球九州学院が上回っており、防御率のはほぼ互角となっています。帝京五は複数の投手がイニングを投げており、九州学院は直江が多くのイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると九州学院が上回っている考えられます。

2.両校の初戦勝率と選手権大会での対戦成績

 九州学院の初戦勝率は.500であり、帝京五は初出場であるため、データはありません。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会の成績は九州学院が上回っており、初戦勝率は帝京五が初出場であるため、データはありません。よって、自分は九州学院が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 有田工-浜田

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

有田工

チーム打率 .318、本塁打0

浜田

チーム打率 .296、本塁打2本(野津、岡1本)

投手成績

有田工
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 塚本 29.2 2.73 11 10
13 一ノ瀬 10.1 2.61 1 6
9 土谷 1 0.00 1 0
浜田
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 森井 24 0.75 14 5
10 波田 20 4.05 20 14
11 近堂 3 6.00 3 3

エラー数は有田工が9、浜田が8です。打撃成績では、打率は有田工が上回っており、本塁打数は浜田が上回っており、合算すると浜田が上回っています。投手成績では奪三振や与四死球は浜田が上回っており、防御率はほぼ互角です。浜田は複数の投手がイニングを投げており、有田工は塚本が多くのイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると浜田が上回っている考えられます。

2.両校の初戦勝率と選手権大会での対戦成績

 有田工の初戦勝率は1.000(1-1)であり、浜田は.455であるため、有田工の方が初戦に強いと考えられますが、サンプルが少ないため、あまり参考になりません。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会の成績は浜田が上回っており、初戦勝率は有田工が上回っていますが、サンプルが少ないため参考になりません。よって、自分は浜田が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 海星-天理

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

海星

・地方大会 チーム打率 .388、本塁打1本(森1本)

・甲子園大会 チーム打率 .368、本塁打0

天理

・地方大会 チーム打率 .393、本塁打6本(大城、松本2本、重舛、赤堀1本)

・甲子園大会 チーム打率 .313、本塁打0

投手成績

海星

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 宮原 9 0.00 9 3

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 向井 15.2 1.72 9 6
天理

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 南沢 9 0.00 6 2

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 中川 8 3.38 7 2

エラー数は海星が1であり、天理が0です。打撃成績では、打率は海星が上回っており、本塁打数は両校とも0であるため、海星が上回っています。投手成績では奪三振や与四死球は互角であり、防御率は海星が上回っています。両校とも1人の投手が完投しています。投打での成績とエラー数を考慮すると海星が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 海星の甲子園大会勝率は.400であり、天理は.653あるため、天理の方が甲子園大会に強いと考えられます。両校の対戦はありません。

3.予想

 甲子園大会の成績は海星が上回っており、勝率は天理が上回っています。よって、自分は天理が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 海星-天理

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

海星

・地方大会 チーム打率 .388、本塁打1本(森1本)

・甲子園大会 チーム打率 .368、本塁打0

天理

・地方大会 チーム打率 .393、本塁打6本(大城、松本2本、重舛、赤堀1本)

・甲子園大会 チーム打率 .313、本塁打0

投手成績

海星

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 宮原 9 0.00 9 3

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 向井 15.2 1.72 9 6
天理

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 南沢 9 0.00 6 2

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 中川 8 3.38 7 2

エラー数は海星が1であり、天理が0です。打撃成績では、打率は海星が上回っており、本塁打数は両校とも0であるため、海星が上回っています。投手成績では奪三振や与四死球は互角であり、防御率は海星が上回っています。両校とも1人の投手が完投しています。投打での成績とエラー数を考慮すると海星が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 海星の甲子園大会勝率は.400であり、天理は.653あるため、天理の方が甲子園大会に強いと考えられます。両校の対戦はありません。

3.予想

 甲子園大会の成績は海星が上回っており、勝率は天理が上回っています。よって、自分は天理が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 鶴岡東-近江

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

鶴岡東

・地方大会 チーム打率 .411、本塁打1本(土屋1本)

・甲子園大会 チーム打率 .308、本塁打3本(土屋2本、前田1本)

近江

・地方大会 チーム打率 .329、本塁打3(山田、川元、大橋1本)

・甲子園大会 チーム打率 .441、本塁打0

投手成績

鶴岡東

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 奪三振 四死球
1 小林廉 4.00 73 9.00 5 4
11 渡辺 5.00 87 3.60 1 2

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
10 矢部 7.2 0.00 9 1
近江

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 奪三振 四死球
1 山田 8.00 113 1.13 13 0
10 星野 1.00 14 0.00 2 1

エラー数は鶴岡東が2で近江が3です。打撃成績では、打率は近江が上回っており、本塁打数は鶴岡東が上回っており、合算すると近江の方が上であると考えられます。投手成績では甲子園大会に限定すると奪三振や与四死球防御率のいずれも近江が上回っています。鶴岡東は複数の投手がイニングを投げており、近江は山田が多くのイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると近江が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 鶴岡東の甲子園勝率は.400であり、近江は.531あるため、近江の方が甲子園で強いと考えられます。対戦成績は

  鶴岡東   近江
1981年1回戦 (3-4)

であり、近江が1勝0敗と勝ち越しています。

3.予想

 地方大会と甲子園での成績は近江が上回っており、勝率も近江が上回っており、対戦成績は近江が勝ち越しています。よって、自分は近江が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 八戸学院光星-愛工大名電

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

八戸学院光星

・地方大会 チーム打率 .299、本塁打数3本(織笠2本、中沢1本)

・甲子園大会 チーム打率 .353、本塁打0

愛工大名電

・地方大会 チーム打率 .416、本塁打8(山田、藤山2本、有馬、加藤、伊藤、市橋1本)

・甲子園大会 チーム打率 .429、本塁打0

投手成績

八戸学院光星

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
10 渡部 5 76 1.80 3 1
1 洗平歩 2 49 4.50 1 3
11 冨井 2 37 0.00 2 0

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 宇田 6.1 4.26 5 2
愛工大名電

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
1 有馬 8 128 2.25 6 3
10 岩瀬 1 17 0.00 0 1

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
3 山田 10 0.00 6 3

エラー数は両校ともが1です。打撃成績では、打率は愛工大名電が上回っており、本塁打数は両校とも0となっています。投手成績では甲子園大会に限定すると奪三振や与四死球防御率のいずれも愛工大名電が上回っています。愛工大名電は有馬が長いイニングを投げており、八戸学院光星は複数の投手がイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると愛工大名電が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 八戸学院光星の甲子園勝率は.706であり、愛工大名電は.316あるため、八戸学院光星の方が甲子園で強いと考えられます。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会と甲子園での成績は愛工大名電が上回っており、勝率は八戸学院光星が上回っています。よって、自分は八戸学院光星が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 八戸学院光星-愛工大名電

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

八戸学院光星

・地方大会 チーム打率 .299、本塁打数3本(織笠2本、中沢1本)

・甲子園大会 チーム打率 .353、本塁打0

愛工大名電

・地方大会 チーム打率 .416、本塁打8(山田、藤山2本、有馬、加藤、伊藤、市橋1本)

・甲子園大会 チーム打率 .429、本塁打0

投手成績

八戸学院光星

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
10 渡部 5 76 1.80 3 1
1 洗平歩 2 49 4.50 1 3
11 冨井 2 37 0.00 2 0

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
11 宇田 6.1 4.26 5 2
愛工大名電

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
1 有馬 8 128 2.25 6 3
10 岩瀬 1 17 0.00 0 1

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
3 山田 10 0.00 6 3

エラー数は両校ともが1です。打撃成績では、打率は愛工大名電が上回っており、本塁打数は両校とも0となっています。投手成績では甲子園大会に限定すると奪三振や与四死球防御率のいずれも愛工大名電が上回っています。愛工大名電は有馬が長いイニングを投げており、八戸学院光星は複数の投手がイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると愛工大名電が上回っている考えられます。

2.両校の初戦勝率と選手権大会での対戦成績

 八戸学院光星の甲子園勝率は.706であり、愛工大名電は.316あるため、八戸学院光星の方が甲子園で強いと考えられます。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会と甲子園での成績は愛工大名電が上回っており、勝率は八戸学院光星が上回っています。よって、自分は八戸学院光星が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 明豊-一関学院

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

明豊

・地方大会 チーム打率 .369、本塁打6本(竹下3本、宮崎2本、鈴木1本)

・甲子園大会 チーム打率 .333、本塁打0

一関学院

・地方大会 チーム打率 .337、本塁打10(後藤3本、小野唯2本、原田,小松,高沢、小杉、及川圭1本)

・甲子園大会 チーム打率 .325、本塁打0

投手成績

明豊

・甲子園大会 

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
11 野村 5 64 3.60 2 0
10 坂本 0.2 9 0.00 0 0
15 森山  3.1 35 0.00 3 1

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
18 中山 5.2 4.76 8 2
一関学院

甲子園大会での成績

背番号 選手名 イニング 球数 防御率 三振 四死球
11 小野涼 8 99 5.63 0 3
1 寺尾 3 54 0.00 0 1

甲子園大会で登板のなかった主な投手

背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
18 高沢 6.2 0.00 12 0

エラー数は両校ともが1です。打撃成績では、打率は明豊が上回っており、本塁打数は一関学院が上回っており、合算すると一関学院の方が上であると考えられます。投手成績では甲子園大会に限定すると奪三振や与四死球防御率のいずれも明豊が上回っています。両校ともは複数の投手がイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると明豊が上回っている考えられます。

2.両校の勝率と選手権大会での対戦成績

 明豊の甲子園勝率は.588であり、一関学院は.400あるため、明豊の方が甲子園で強いと考えられます。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会と甲子園での成績は明豊が上回っており、勝率も明豊が上回っています。よって、自分は明豊が勝つと予想します。

第104回全国高校野球選手権甲子園大会勝敗予想 下関国際-富島

1.両校の地方大会の成績

打撃成績

下関国際

チーム打率 .369、本塁打0

富島

チーム打率 .264、本塁打1本(海野1本)

投手成績

下関国際
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
6 仲井 25 1.80 26 7
1 古賀 10 2.70 8 6
18 松尾 6 0.00 3 0
富島
背番号 選手名 イニング 防御率 奪三振 四死球
1 日高 43 0.42 38 9
3 山口 0.2 0.00 1 1
13 竹中 0.1 0.00 1 0

エラー数は両校とも5です。打撃成績では、打率は下関国際が上回っており、本塁打数は富島が上回っており、合算すると下関国際が上回っています。投手成績では奪三振や与四死球防御率のいずれも富島が上回っています。下関国際は複数の投手がイニングを投げており、富島は日高が多くのイニングを投げています。投打での成績とエラー数を考慮すると富島が上回っている考えられます。

2.両校の初戦勝率と選手権大会での対戦成績

 下関国際の初戦勝率は.500(2-1)であり、富島は.000(1-0)あるため、下関国際の方が初戦に強いと考えられますが、サンプルが少ないため、あまり参考になりません。両校の対戦はありません。

3.予想

 地方大会の成績は富島が上回っており、初戦勝率は下関国際が上回っていますがサンプルが少ないため参考になりません。よって、自分は富島が勝つと予想します。