匿名@野球予想ブログ

Twitter→https://twitter.com/Anonym_Back

第104回全国高校野球選手権地方大会・優勝校予想 栃木編

 第104回全国高校野球選手権地方大会・優勝校予想記事の第14弾は作新の1強が続く栃木です。

1.近年の選手権大会の力関係

 過去10大会の優勝校、準優勝校は以下の通りです。

  優勝校 準優勝校
2011 作新学院 宇都宮商
2012 作新学院 宇都宮工
2013 作新学院 青藍泰斗
2014 作新学院 佐野日大
2015 作新学院 国学院栃木
2016 作新学院 国学院栃木
2017 作新学院 国学院栃木
2018 作新学院 白鴎大足利
2019 作新学院 文星芸大付
2021 作新学院 佐野日大

過去10大会の力関係として

・完全に作新学院の1強となっている

作新学院に続く高校は、青藍泰斗、佐野日大国学院栃木である

ということが挙げられます。

2.過去の傾向

 過去5年(2020年は大会中止のためカウントしない)の結果は以下の通りです。

2016

  2015 秋 2016 春 2016 夏
白鴎大足利 優勝    
文星芸大付 準優勝 優勝 ベスト8
作新学院 ベスト4 ベスト8 優勝
真岡工 ベスト4 ベスト8  
栃木 ベスト8 ベスト8  
国学院栃木 ベスト8 ベスト8 準優勝
栃木翔南 ベスト8    
青藍泰斗 ベスト8 準優勝 ベスト8
矢板中央   ベスト4 ベスト4
栃木工   ベスト4  
茂木     ベスト4
黒磯     ベスト8
足利南     ベスト8

2017

  2016 秋 2017 春 2017 夏
作新学院 優勝 準優勝 優勝
石橋 準優勝 ベスト4 ベスト8
青藍泰斗 ベスト4   ベスト4
白鴎大足利 ベスト4 優勝 ベスト8
宇都宮短大付 ベスト8    
真岡 ベスト8   ベスト8
宇都宮 ベスト8 ベスト8  
国学院栃木 ベスト8   準優勝
佐野日大   ベスト4  
矢板中央   ベスト8 ベスト8
小山   ベスト8  
栃木工   ベスト8  
文星芸大付     ベスト4

2018

  2017 秋 2018 春 2018 夏
国学院栃木 優勝 ベスト4  
作新学院 準優勝 優勝 優勝
青藍泰斗 ベスト4 準優勝 ベスト4
小山南 ベスト4 ベスト8  
文星芸大付 ベスト8 ベスト8 ベスト8
白鴎大足利 ベスト8 ベスト4 準優勝
宇都宮南 ベスト8 ベスト8 ベスト8
佐野日大 ベスト8 ベスト8 ベスト8
宇都宮工     ベスト4
足利大付     ベスト8

2019

  2018 秋 2019 春 2019 夏
佐野日大 優勝 優勝 ベスト8
作新学院 準優勝 ベスト8 優勝
文星芸大付 ベスト4 ベスト4 準優勝
宇都宮工 ベスト4    
今市工 ベスト8 ベスト8  
白鴎大足利 ベスト8    
足利大付 ベスト8    
宇都宮南 ベスト8    
栃木工   準優勝  
国学院栃木   ベスト4  
矢板中央   ベスト8  
青藍泰斗   ベスト8 ベスト4
宇都宮商     ベスト4
宇都宮工     ベスト8
宇都宮短大付     ベスト8
石橋     ベスト8

2021

  2020 秋 2021 春 2021 夏
国学院栃木 優勝    
石橋 準優勝   ベスト8
青藍泰斗 ベスト4 ベスト8  
作新学院 ベスト4 準優勝 優勝
宇都宮短大付 ベスト8   ベスト4
白鴎大足利 ベスト8 ベスト4 ベスト8
足利工 ベスト8    
佐野日大 ベスト8 優勝 準優勝
宇都宮工   ベスト4  
文星芸大付   ベスト8 ベスト4
宇都宮南   ベスト8  
宇都宮   ベスト8  
那須拓陽     ベスト8
鹿沼     ベスト8

過去5年の傾向として

・選手権大会優勝校は秋季大会と春季大会で両方上位進出しており、ベスト4以上の成績を残している

・秋季大会と春季大会で両方上位進出した高校は選手権大会でも上位進出しやすい

作新学院は夏に強い

といったことが挙げられます。

3.2022年の展望

 2021年秋季大会、2022年春季大会の結果は以下の通りです。

  2021 秋 2022 春
白鴎大足利 優勝 ベスト8
文星芸大付 準優勝 ベスト8
宇都宮南 ベスト4 ベスト8
高根沢 ベスト4  
国学院栃木 ベスト8  
茂木 ベスト8  
青藍泰斗 ベスト8 ベスト4
作新学院 ベスト8 優勝
佐野日大   準優勝
栃木工   ベスト4
小山   ベスト8

この結果と近年の力関係を考慮して、以下のように予想します。

◎本命:作新学院

 近年の力関係では他を圧倒しており、秋季大会でベスト8、春季大会で優勝でもしているため、優勝する可能性は高い

〇対抗:白鴎大足利

 秋季大会で優勝、春季大会でベスト8であるため、作新学院を除くと優勝に一番近い

▲穴:文星芸大付

 秋季大会で準優勝、春季大会でベスト8であるため、優勝は不可能ではない

△連下:佐野日大

 春季大会で準優勝しているが、過去10大会の力関係、秋季大会と春季大会の成績で作新学院に劣っている

4.まとめ

 栃木は作新学院の1強が続いており、秋季大会と春季大会の成績から11連覇は堅いでしょう。よって、作新学院は地方大会でどのような戦いをするのか、どこが倒すのかいったところに注目したいと思います。