匿名@野球予想ブログ

Twitter→https://twitter.com/Anonym_Back

第104回全国高校野球選手権地方大会・優勝校予想 香川編

 第104回全国高校野球選手権地方大会・優勝校予想記事の第20弾は古豪が復活した香川です。

1.近年の選手権大会の力関係

 過去10大会の優勝校、準優勝校は以下の通りです。

  優勝校 準優勝校
2011 英明 丸亀
2012 国学院香川西 丸亀
2013 丸亀 尽誠学園
2014 坂出商 大手前高松
2015 寒川 丸亀城西
2016 尽誠学園 高松商
2017 三本松 丸亀城西
2018 丸亀城西 高松
2019 高松商 英明
2021 高松商 英明

過去10大会の力関係として

・英明、高松商、丸亀、丸亀城西がリードしている

・上記4校以外にも優勝した高校はあるため、それらの高校の壁は高くない

・丸亀は勢力が弱まりつつあり、高松商、英明は勢力を伸ばしている

ということが挙げられます。

2.過去の傾向

 過去5年(2020年は大会中止のためカウントしない)の結果は以下の通りです。

2016

  2015 秋 2016 春 2016 夏
小豆島 優勝 準優勝※ ベスト8
高松商 準優勝   準優勝
英明 ベスト4 ベスト4 ベスト8
尽誠学園 ベスト4 ベスト8 優勝
志度 ベスト8 準優勝  
高松北 ベスト8 ベスト8  
大手前高松 ベスト8 優勝 ベスト4
寒川 ベスト8 ベスト8  
丸亀   ベスト4 ベスト8
丸亀城西   ベスト8  
観音寺中央     ベスト4
観音寺一     ベスト8

2017

  2016 秋 2017 春 2017 夏
高松商 優勝 ベスト8 ベスト8
坂出 準優勝 ベスト4  
英明 ベスト4 準優勝  
藤井 ベスト4    
尽誠学園 ベスト8   ベスト8
高松 ベスト8   ベスト8
三本松 ベスト8 優勝 優勝
土庄 ベスト8    
丸亀城西   ベスト4 準優勝
志度   ベスト8  
寒川   ベスト8  
観音寺一   ベスト8  
大手前高松     ベスト4
丸亀     ベスト4
国学院香川西     ベスト8

2018

  2017 秋 2018 春 2018 夏
英明 優勝 準優勝※ ベスト4
大手前高松 準優勝 優勝  
高松商 ベスト4 ベスト4  
尽誠学園 ベスト4    
丸亀 ベスト8 ベスト8  
高松 ベスト8   準優勝
丸亀城西 ベスト8 ベスト8 優勝
国学院香川西 ベスト8 ベスト8  
寒川   準優勝  
観音寺総合   ベスト4 ベスト8
高松北   ベスト8  
観音寺一     ベスト4
三本松     ベスト8
琴平     ベスト8
高瀬     ベスト8

2019

  2018 秋 2019 春 2019 夏
高松商 優勝 優勝※ 優勝
志度 準優勝 ベスト8  
英明 ベスト4   準優勝
寒川 ベスト4 ベスト8  
尽誠学園 ベスト8 準優勝 ベスト4
小豆島中央 ベスト8    
大手前高松 ベスト8 ベスト8 ベスト8
香川中央 ベスト8    
国学院香川西   優勝 ベスト8
高瀬   ベスト4  
藤井   ベスト4  
多度津   ベスト8  
高松工芸     ベスト4
観音寺一     ベスト8

2021

  2020 秋 2021 春 2021 夏
寒川 優勝   ベスト8
英明 準優勝 優勝 準優勝
高松商 ベスト4 ベスト4 優勝
大手前高松 ベスト4 ベスト8 ベスト4
香川高専高松 ベスト8    
高松西 ベスト8   ベスト8
尽誠学園 ベスト8   ベスト8
高瀬 ベスト8 ベスト8  
藤井   準優勝  
丸亀城西   ベスト4  
高松北   ベスト8  
香川中央   ベスト8  
三本松     ベスト4
高松中央     ベスト8

過去5年の傾向として

・選手権大会優勝校は秋季大会、春季大会いずれもベスト8以上の成績を残している

・秋季大会準優勝校と春季大会準優勝校は選手権大会で優勝していない

・英明、寒川は夏に弱い

といったことが挙げられます。

3.2022年の展望

 2021年秋季大会、2022年春季大会の結果は以下の通りです。

  2021 秋 2022 春
英明 優勝 優勝
尽誠学園 準優勝  
国学院香川西 ベスト4  
大手前高松 ベスト4  
寒川 ベスト8  
高松一 ベスト8  
高松商 ベスト8 準優勝
高松北 ベスト8  
丸亀城西   ベスト4
丸亀   ベスト4
志度   ベスト8
藤井   ベスト8
坂出商   ベスト8
多度津   ベスト8

この結果と近年の力関係を考慮して、以下のように予想します。

◎本命:英明

 近年勢力を伸ばしており、秋季大会と春季大会で優勝しているため、選手権大会での弱さが気になるが、上位進出する可能性は高い

〇対抗:高松商

 秋季大会ベスト8であり、春季大会でも準優勝しているが、春季大会の準優勝がマイナスな部分となっている

▲穴:丸亀城西

 2018年に優勝しており、春季大会はベスト4であるが、秋季大会でベスト8を逃している部分がマイナスとなっている

△連下: 丸亀 

 10大会以内に優勝しており、春季大会はベスト4であるが、秋季大会でベスト8を逃している部分がマイナスとなっている

4.まとめ

 2022年の香川は英明と高松商が中心になると予想され、英明と高松商はほとんど差がないと考えられるため、どちらが優勝するのかという点に注目したいと思います。また、英明や高松商の壁は高くないため、ここで予想に挙げていない高校が優勝するかもしれません。